写真撮影時のRAWでの記録について。


今回は、ちょいと脱線ネタです。
写真にあまり興味をお持ちでない方は、スルーして下さいね(汗)
前回日記でのコメント欄でのやりとりで、説明しづらかったのでこの場を借りて補足させてもらえればな~と思います。
って、しろくまボーラーもそんなに詳しくなないのですが、こんなのもあるって紹介させて下もらえればと。

この日記、所々はなママのカメラ「Canon SX700」やスマホでの写真も入っていますが、基本はしろくまボーラーのカメラ「Canon 70D」で撮ったものとなっています。
で、写真のデータの記録形式ですが、一般的な「JPEG」ではなく、「RAW」で行っています。
そのままでは使えないので、現像(JPEGへ変換)する作業が必要で、時間は掛かるし面倒といえば面倒なんですが・・・
なんで、そんなことをしているか。

とりあえず例を。
夜間、真っ暗の中の風景を撮った写真、そのまま現像したものです。

夜間撮影(そのまま) 

三脚使ってそれなりに撮ってはいるのですが、まあこんなもんですよね。


で、これをソフト上で処理してから現像したのが、こちら。

夜間撮影(調整後) 

テキトーにちゃっちゃか処理したものですが、こんな感じにできます。
荒くてどうしようもない写真ではあるのですが、こんなふうにもできるという例で、ご勘弁を。
撮った写真ではほぼ真っ暗なのに、処理するとちゃんと色が出てきます。

これ、RAWで記録しているからこそになります。
一見真っ暗に見えてる所でも、ちゃんと色をデータとして拾っているのを表現できるんですね~。
色だけではなく、ホワイトバランス等いろんなパラメーターを撮影後に変えることもできます。
JPEGだと、頑張ってもここまでの修正はちょっと難しいかと。
更にJPEGは修正を掛ける度に画質が劣化する、という問題もあります。

RAWの現像ソフト、Canonユーザーなら「DPP」が、Nikonユーザーなら「Capture NX-D」が使え、更に多機能を狙うなら「Adobe Lightroom」という手があります。
修正する、というより撮影時の自分のイメージに近づける、というふうにしろくまボーラーは捉えています。

デメリットもありますが(データ量が大きくなってしまうこと、現像に専用のソフトが必要なこと等)、RAWで撮れる機材をお持ちの方、条件が許すならぜひRAWで撮影して、現像にチャレンジしてみて下さいませ~♪






スポンサーサイト

1 Comments

hiro  

ボーラーさん、こんにちは。

RAW記録の解説、ありがとうございます。
デジカメ内の処理エンジンを経ない、生のデータの事なんですね。
JPEGで白飛び・黒潰れしていても、RAW現像するとしっかり
カメラが色やディテールをデータとして捉えていたのが見えてくるって
凄いですね。もちろん、そうでない場合もあるんでしょうけど(笑)

「撮影時の自分のイメージに近づける」って、すごく分るような気がします。
ファインダー越しに捉えた(写したい)イメージと、液晶モニタに現れた画像とで、
色調とかがなんか違うっていう、あの感覚の事だと思うんですけど、つい昨日も
公園に花を撮りに行って(爆)感じました。
ここは是非、トライ&エラーで、挑戦してみたいと思います~。

2018/11/04 (Sun) 16:32 | REPLY |   

Post a comment